ポップライフワークスブログ

群馬県東毛地区、または栃木県ふくむ両毛地区周辺(板倉、邑楽、館林、太田、足利、佐野あたり)を中心にマルチジャンルの創作活動をしているインディーズレーベル「pop-life-works(ポップライフワークス)」のブログです。

pop-life-worksイラスト教室@群馬県館林市NAGAMOTOWORKS図画工作ワークス

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Almond blossom「まよなかは暗い」 23:16
 
 再三書いてますが、pop-life-worksサイトにて、pop-life-worksセレクションによる Alomond blossomのベスト盤をリリースさせて頂きました。


まよなかは暗い


 タイトルは「まよなかは暗い」としましたが、これは「みつはしミュージック You Are A Light」というアルバムに収録されている楽曲のタイトルで、自分が世界で一番好きな曲の一つです。


 この曲は、何故か事ある毎に脳裏に浮かぶ曲でして、結構、落ち込んだ時に聴くと勇気が出るとか、そういった事もあったりしたような気はします。


 絵描きは、大体、音楽というものに憧れを持つような気はしますが、こういうのを聴くと、抽象的なものを快感原則に乗せて受容するにあたって、音楽という表現は大変、有効だなーと改めて思いますし。それが故に、ROCKをはじめとするかつての音楽が、文化全体を引っ張るようなメンタルの拠り所的なものになった時代があったりもしたのでしょう。もう結構、音楽がそうであった時代は過去形になってしまいましたが。


 みつはしさん(Alomond blossom)の音楽を聴くと、自分は、そういう音楽の有り様を思い出す部分もあり、やはり、音楽というジャンルには、ものすごい「夢」のようなものが詰まってるような気はするのです。これは同世代的なものもあるでしょうし。自分の性格が同調してる部分もあるでしょうし。その活動内容による所もあるかなとは思います。


 ただ、現実には、しかし、音楽を取り巻く環境も厳しいとは思うので、その中で、こうして一人活動してる様も個人的に尊敬できる所ではありますし。また、そういう作家さんに関われた事は嬉しく思います。


 とにもかくにも、pop-life-worksをやる中で一番やりたかったのは、こういう事なのかもしれないのであって、自分は、やはり、こういうものが一番好きなんだなーと思いました。よかったら、皆さん、聴いてみて下さい。




 しかし、自分が選曲しただけあって、ページ開くと本当に好きな曲しか無く、今回は本当に役得だなと思いました。自分のサイトなのに、掲載してから、事ある毎にページを開いて、曲を聴いてたり。なんか、やっぱり、音楽は良いなーと。いや、絵も良いですけど。結局、そういう抽象を内包する表現が好きなのかもしれない。



JUGEMテーマ:作品発表!!
| pop-life-works music | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.pop-life-works.com/trackback/759
<< NEW | TOP | OLD>>