ポップライフワークスブログ

群馬県東毛地区、または栃木県ふくむ両毛地区周辺(板倉、邑楽、館林、太田、足利、佐野あたり)を中心にマルチジャンルの創作活動をしているインディーズレーベル「pop-life-works(ポップライフワークス)」のブログです。

pop-life-worksイラスト教室@群馬県館林市NAGAMOTOWORKS図画工作ワークス

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
絵の見方:印象 14:08
こんにちわ。永本です。 第3水曜日につき、イラスト講座をお送りします。今回は「絵の見方」の最後で「印象」についてです。


 前回記事


前回までで、いろいろ絵を見るポイントを挙げてみましたが、最後に、結局、絵は「印象」が一番重要だという話です。


特に第一印象は、まっさらな状態で絵を見れるので、そこで直感的に感じたインスピレーションは、絵を見て、その価値を探る際の最も重要な手がかりとなるはずです。


印象は、もちろん個人の経験、勉強量等で、全く違うものになるので、このインスピレーションは、とりあえずメモったり記憶しておいて、いろいろ考えたあととか、他の絵と照らし合わせたりとか、或いは間を取って数十年後に観た時とか、いろいろ自分や時代が変遷する中でまた同じ絵を見れば(再帰的に絵を見れば)、その最初の印象と今の印象は変わってきたりする場合も多いでしょう。


なので、最初のインスピレーションがどんなだったかを覚えておくと、それと照らし合わせて、絵の状態やトレンド、ないし、自分の状態などの把握に役に立ちますので、それをメモして残しておいても良いかと思います。(自分がブログに鑑賞記事書くのもその為でもあったり)


この時、その印象を下にいろいろ絵を見るとして、一度は自分の好き嫌いのファクターを外すように心がけた方が良いと思います。


最終的には、絵は好き嫌いで捉えて良いと思いますが、個人の嗜好というのは割りと(特に絵描きにとっては)邪魔なフィルターになる事も多いので、出来るだけ広い視野で絵を見た方が、より絵を楽しめると思います。


要は、絵を見る時は、結局「印象」が大事なのですが、その印象は「経験」によるので、そこをどう扱うかで「印象」自体変わるという事です。


例えば、頭で考えて凄い絵でも印象が悪かったらイマイチ愛着が持てないので、それは(自分には)ダメな絵としても良いんですが、印象が悪くても、頭で考えて凄い絵は、やっぱり凄いんじゃないかという観念はどっかでキープしとくと、そのキープにより先入観が外れ、何度か見直して、また見たら良かったとか、そういった事は結構あると思います。特に美術の絵に関しては、そういう心持ちも必要かと。


また、「イラスト」に関しては、それとは逆にまっさらな状態の「素人の目」(の想定)を持つ事も大事です。


そもそもイラストレーターは、広く一般的な嗜好を必要とする事が多いので、イラストの成否は、絵の良し悪しだけでは計れない(というか、厳密に言うとあまり関係ない)ので、絵がイラストとして良い絵なのかどうかとかは、考えると意外と深い部分もあったりします。(チラシなら広告としてとか、ロゴなら使いやすいとか、キャラならターゲットユーザーに愛着が持てるようにとか、そういう機能測定の評価を充分、見た際に考慮する必要があると思います。これはタレントの評価軸にほぼ近いと思います。)


また、イラストの場合、トレンドの扱いも大きな評価軸というか、最重要評価軸ですので、そこが分かってないとイラストの評価はうまく出来ない場合も多いかと思います(というか、トレンドを回避して、価値観の安定した旧弊的な美術系の絵に走るイラストレーターも多いですが、個人的には逆にそういう絵の評価を低く見積もるようにしております。これこそモロに個人の好みですが、イラストは巧ければ良いという事でも無いというか、巧いに越した事は無いですが、このへんもタレント、特にアイドルの有り様に近いと思っています)。


と、いろいろ書きましたが、結局は、絵を見る際は、自分の印象で、たのしく絵を見ましょう。その際、「自分の」というのが重要という事です。その上で、再帰的に他人の価値観や勉強した事をフィードして、また絵を見ていくと、その印象の幅(視野)が広がるものと思われます。皆さん、楽しんで絵を見ましょう!


以上。ようやく「絵の見方」の説明がこれで終わりましたので、次からは「絵の描き方編」に移りたいと思います。という、こっからが本編な感じですが、絵の見方が予想外に小難しい感じになってしまったので、なるべく次からは文字じゃなくて図で説明できるような準備が出来ればと。

-----------


たたらイラストがっこに関しては、通常通り、第二第四の水・土は開催できますので、よろしくお願いします。ただ、秋のイベントラッシュの中で、振り替え等、出来ませんので、ご了承ください。


また、現在、冬休みの体験教室も準備中ですので、たたら夢市(11/18)前あたりには、日程決定しますので、追ってまた詳細、ブログに描きたいと思います。




JUGEMテーマ:たのしい体験教室
| イラスト講座 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.pop-life-works.com/trackback/622
<< NEW | TOP | OLD>>