ポップライフワークスブログ

群馬県東毛地区、または栃木県ふくむ両毛地区周辺(板倉、邑楽、館林、太田、足利、佐野あたり)を中心にマルチジャンルの創作活動をしているインディーズレーベル「pop-life-works(ポップライフワークス)」のブログです。

pop-life-worksイラスト教室@群馬県館林市NAGAMOTOWORKS図画工作ワークス

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
阿部浩展@足利美術館を見て 21:56

昨日、ひめたまイベントのついでに見て来ましたので、ざっくりと感想を書いてみます。


内容は、全体的に幾何学的な構成の版画が多くて、かなりの点数があり、見応えがありました。


個人的に、最近、オールオーヴァーな画面設計に興味があるので、それをするにあたって、どのポイントを先ず優先したら良いのかとかを考えながら見てたり。


割りと日本人の方が近いという事なのか、日本人の作品は見てて作業工程が想像できやすいものが多くて、今回はその意味でも非常に参考になりました。


と言っても、リトグラフは、あまり知りませんが、会場に機材から何から展示してくれていたのも有り難かったです。手法による効果とか、やっぱり重要なんだなーとか。


絵は、全体的に抽象画っぽいですが、絵における無意識というか絵そのものが作家の手で産み出したものというより自律的に見えるような部分をどう入れるべきかどうかというのも、やはり重要なポイントなんだろうなーという事も思ったり。


作品で言うと、個人的には、最後の赤い作品群が好きだった感じです。


といった感じで、ポスターが良さげだったのでふらっと立ち寄っただけだったのですが、良い展覧会だったので楽しめました。


ちなみに、余談ですが、自分もそろそろ展覧会用の絵を準備中で、次回は、マンガでART展vol.6 「らくがきランド」というタイトルでやろうと思ってます。時期等、未定ですが、興味ある方はしばしお待ち下さい。前のvol.5とは全然ちがう絵柄になると思います。


JUGEMテーマ:展覧会
| 足利市立美術館 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.pop-life-works.com/trackback/523
<< NEW | TOP | OLD>>