ポップライフワークスブログ

群馬県東毛地区、または栃木県ふくむ両毛地区周辺(板倉、邑楽、館林、太田、足利、佐野あたり)を中心にマルチジャンルの創作活動をしているインディーズレーベル「pop-life-works(ポップライフワークス)」のブログです。

pop-life-worksイラスト教室@群馬県館林市NAGAMOTOWORKS図画工作ワークス

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
話の話@足利美術館 18:16
 
 生徒さんの都合などもあり、水曜イラスト教室をお休みという事で、急遽、行ってきました。仕事の諸々もある中すいませんという感じですが、これを逃したら後悔しまくる!!!という事で強行軍。ノルシュテイン!!!


 とりあえず感想としては、やってる事の構成が複雑すぎて、絵を見ていて、まるで自分で絵を描いてる時のような感じで、頭の中がぐわーってなりました。絵を見ながら、構成を想像すると、こっちがこうでこうで・・・うわー!追いきれない。頭そこまで回らない!みたいな。


 やはり、アニメ作家はメモリー多く無いとムリなのかなとも思いましたが、まあ、最高峰のプロの手練という事でしょうか・・・


 しかし、構成の複雑さが絵画より分かりやすいので、そういう感想になったような気もします。絵のアウトプット法がアニメという目標あっての事かなと。


 そのへんは、男鹿和雄さんの絵を見た時も思いましたけど、目的がはっきりしてるので普通の絵より力が強いなと。普通の絵より訴える力を感じるというか、じゃあ、普通の絵は何だよ!って感じもしますが。やっぱり、コンセプト立てがはっきりと必要という事なのかもしれない。何かが漠然としてないなと感じました。


 まあ、単純にこれが世界最高峰レベルの力という事なのかもしれません。正直に言って、いままでノルシュテインさんのアニメは何度も見てきましたが、ヤールブソワさんは認識していませんでした。お恥ずかしい。大変な画力ですね。すごいものを見させて頂きました。


 あと、外套、やっぱ、すごすぎます。すごすぎでしょ、あれ。



| 足利市立美術館 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.pop-life-works.com/trackback/225
<< NEW | TOP | OLD>>