ポップライフワークスブログ

群馬県東毛地区、または栃木県ふくむ両毛地区周辺(板倉、邑楽、館林、太田、足利、佐野あたり)を中心にマルチジャンルの創作活動をしているインディーズレーベル「pop-life-works(ポップライフワークス)」のブログです。

pop-life-worksイラスト教室@群馬県館林市NAGAMOTOWORKS図画工作ワークス

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
4/21(土)18時〜 下町夜市に出ます! 16:07

 

 

 4/21(土)18時〜21時まで、群馬県館林市の下町通り商店街で開催される下町夜市に「ポップライフワークス」として出店します。今回は、通常通り、18時からなので、よろしくお願いします。

 

 

 出店内容ですが、「芸術と人文、そして、ZINE」の2号ができましたので、メインはそちらで。

 

 

芸術と人文、そして、ZINE

 

 

こちらが今回のピンナップ。夜市のみ、ピンナップ版の販売がありますので、よかったら。

 

以下、出品するもののお品書きです。

 

 

【本】

 

芸術と人文、そして、ZINE vol.1 vol.2 各50円(各限定100部)

 

 A4四つ折りの簡単な冊子です。一応、メインです。

 


・画集「ガモさんイラスト2017」 1000円

 

 こちら、今回も持っていきます。

 


・画集「futurepeople reblogged nagamoto's illustration」 500円

 

 昔の画集。まだあります。

 


・作品集「NEW DIGITAL WORK」 800円

 

 残り1部です。よかったら。

 


・評論本「21世紀創作の現在」 500円

 

 156ページもあるなかなかの厚い本です。ネットワークによる創作論みたいになってますが、古い本なので、若干、内容が古いです。

 


・小説本「さつま王子」全6巻セット 1000円(限定1部)

 

 まだあります。

 

 

・マンガ「猿の唄」200円

 

 まだありました。若干数ですが、販売します。ネットでも以下のページで読めますがよかったらプリントで。コピー本ですが。

 

 ちなみに今回、猿の唄のTシャツも3枚だけ(XS、S、Mの各一枚ずつだけ)販売します。今回のみ、一枚500円。これ以降はまた2800円とか通常価格で販売するか、もう販売しないので、これを機会にぜひ。

 

 

 冊子の詳細など気になる方は、pop-life-worksサイトのZINEのページを見てください。

 

 


【絵】

 

 

カフェ

 

 

・ポスター(B2/A2サイズ) 1000円

 

 クリエイターEXPOで使ったものなので、原価割れの値段で販売します。お部屋に飾るのに是非。

 

 

・動物のイラスト額(2L判サイズ) 500円

 

 ご好評続いてるので、今回も持っていきます。というか、もはや、主力。

 

 


・マステのポストカード額  1500円

 

 意外とご好評だったので、今回も持っていきます!

 

 


【グッズ】

 

キャップ 2800円

 

雲キャップ

 

 

 見本展示のみです。ご注文により、ご購入できます。上毛玩具さんの通販でも取り扱い中。

 

 

Tシャツ 各500円

 

 「猿の唄」Tシャツを始め、何枚か持っていきます。春の在庫一掃セールという事で、今回のみ特別価格で販売してみます。

 

 

マグカップ 各300円

 

 昔、作ったものですが、まだ残っていたので、少量販売します。これも今回のみの特別価格です。

 

 

絵皿 500円

 

 昔描いた絵の絵皿です。こちらの絵のマグカップもあります。

 

グスタフ

 

 

 これ。今と全然違う絵です。。。

 

 

 以上。今回のお品書きでした。仕事の方でも、夜市の反応としても、ぼちぼち、ガモさんの絵の方にメインが切り替わりつつあるので、在庫一掃で昔のものを多めに扱ってみます。よかったら、これを機会に是非!

 

 

 下町夜市についてはこちら

 

 

 

JUGEMテーマ:イベント情報

 

 

 

 

 

| 下町夜市 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
ワンコイン勉強会「絵の読み方」終了!! 20:53

 

 本日は、群馬県太田市エールクリエイティブで「絵の読み方」の勉強会をしてきました。

 

 本日のレジュメです。

 

 

絵の読み方

 

 

 現代美術を中心に、絵を見た時、どう読んでいくかを説明してみました。今回は、レジュメの説明ではなく、図版の説明を中心に。結構、一つの絵をがっつり見て語る感じが多かった感じがします。その方が良いですね。(レジュメは話の覚書として、結構いい加減に書いてますので、ご了承を)

 

 また、自分の好みから話が現代美術に偏りがちでしたが、途中、絵からファッションを読んでみたり、参加者の読み方も聞きながら出来たので話が広がって良かったと思います。

 

 後から考えると、色々、至らない点もあった気がしますが、勉強会という事で、これが勉強するきっかけになれば本望です。

 

 最後、「なんで現代美術の絵は高いのか?」みたいな話も出ましたが、それは歴史性に関する事なので、次回の「西洋美術史」でガッツリ説明してみたいと思います。と言っても、自分もそこまで詳しくないので、ちゃんと調べておきます。

 

 

 後、今回、見せようと思って見せられず終わった「ニャンニャンカーニバル」の動画を貼っておきます。

 

 

 

 

 

 次回5/2は「西洋美術史」について!詳細はこちら

 

 

勉強会

 

 

JUGEMテーマ:イベント情報

 

 

| エールクリエイティブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
ミスタークラウド:今週の一本 22:23

 

ミスタークラウド

 

ミスタークラウド

 

 

| ミスタークラウド | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
4/ 18(水) ワンコイン勉強会「絵の読み方」@群馬県太田市 22:48

 

 来週、4/18(水)の17時から。

 

 群馬県太田市のエールクリエイティブで開催予定のワンコイン勉強会ですが、「絵の読み方」というテーマでやります。

 

 色、構図、技法、思想、歴史性など、絵の中に存在する情報をできるだけ読み取っていくには、どうしたら良いか?というようなことを参加者全員で探っていくようなものを考えています。

 

 

絵の読み方

 

 

 具体的には、色々な図版を持って行って、「これがどう見えるか?」という事をやっていきます。

 

 と言っても、いきなりやっても、あんまりピンとこないと思うので、色々な絵を先ず見たのち、絵画の中での最高峰とされるような絵として、バーネット・ニューマンとゲルハルト・リヒターの絵を自分がどう読み取っているかを説明してみたいと思います。

 

 自分の説明が必ずしも正しいとは限りませんが、勉強会なので、こういう見方もあるという事をお互いに共有していけたらと思っています。他の人の「絵の見方」が知りたいというのも、今回の企画意図の一つです。

 

 説明で、いきなり、現代美術の絵を持ち出すのも、ハードルが高いかもしれませんが、基本的に絵の見方は、ある程度共通してるので、逆にそっちからやる方が分かりやすいんじゃないかと個人的には思っています。というのも、高度な現代美術は、むしろ、絵画の問題を分かりやすく提示している(「絵画」という問題に特化している)ところが素晴らしいと思うので。

 

 見方をある程度、説明したのちに、絵画の中の情報をみんなで色々引き出していく作業をします。例えば、ゴッホの絵の背景に浮世絵の影響を見るというような事だったり、画材がどうで、マチエール(質感)がどうなのかとか、この時代には他にどういう作家がいて、どう交流があって、どういう事が起こっていたかとか、そういう事を、現代美術とか、イラストレーションとか、絵本とか、デジ絵とか、そういう色々なジャンルの絵で行いたいと考えています。(もちろん、そんな事を全部やってたら話長すぎますので、ある程度)

 

 この次の回には「西洋美術史」をやるのですが、そちらの補講的なものとしても機能するんじゃないかと思っています。というのも、歴史を引き出すには、絵(作品)が読めないと難しい部分があるので。

 

 というわけで、そんなことを説明しながら、色々な絵を見て(語って)いきます。個人的に、かなり興味深いテーマになるんじゃないかと思っているんですが、何分、難しそうなテーマでもありますので、雑談で終わる可能性もありますが、しかし、色々な絵を見て雑談するだけでも楽しい気もするので、そうなったらそうなったで良いような気もしています。

 

 興味がある方は、お気軽にご参加してみてください。

 

 4/18(水)17時〜19時 エールクリエイティブ(群馬県太田市太田駅北口付近の群銀近く)

 

 

 ワンコイン勉強会のページ

 

 

勉強会

 

JUGEMテーマ:イベント情報

 

 

| エールクリエイティブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
5/4(水)〜5/13(日)POPWORKS2018春「LIVE TOUR」 09:44

POPWORKS

 

 邑楽町広報には既に出てますが(そして、pop-life-worksのホームページにも既に載せてましたが)、今年も春に邑楽町図書館でPOPWORKSを行います!!

 

 

 5/2(水)〜5/13(日) 5/7月曜日は休み

 

 

 9時〜18時(初日は13時から。最終日は15時まで)

 

 

 場所:邑楽町立図書館

 

 

 今回は、楢葉出身のKスケさんと地元のmitsu-光-さんによる二人展です。

 

 企画意図としては、mitsu -光-さん=風神、Kスケさん=雷神、永本=企画という事で、2人展を中心に永本が裏から支えるといった趣旨で行います。裏から支えるので、自分は酒井抱一のつもりで頑張りたいと思います(酒井抱一は風神雷神図の裏に夏秋草図屏風という傑作を描いた人です)。

 

 この2人になったのは、mitsu -光-さん、Kスケさんは、それぞれ音楽好きで、ある意味、似た絵を描いてる二人だと思ったんですが、mitsu -光-さんは美術寄りの方向性で、Kスケさんはイラスト寄りの方向性とある意味真逆なんじゃないかなと思ったので、その対比が出たら面白いかなと思って企画してみました。あと、単純にそろそろお二人に多数の作品を展示してほしいなーというのもあったり。

 

 基本的に、POPWORKSは、美術もイラストもあらゆるジャンルをヒエラルキーなく同平面でやりたい所から始まったのもあるし。遠方、福島の方と群馬の方が一緒に展示するというのもPOPWORKSがなければ無かった事でしょうから、それも含めて、面白い組み合わせだと思うので、是非、お楽しみにしていてください。というより、自分も楽しみです。

 

 自分も絵描きというよりはデザイナー的に企画に専念したかったのもあるので、今回は、そっちに力を入れます。なので、それも含めて楽しんで頂けたらと思っています。もっとも、話の流れで、結局、自分も絵を1点出す予定となりましたが。折角なので、夏秋草図屏風をイメージした絵を作りたいと思います(全然違うものになると思いますが)。

 

 会場には、2人展の他にPOPWORKSコーナーを設けます。自分の絵もその一環ですが、今回のタイトルにちなんで、「主題歌を作ろう!」ということで、譜割りに自由に言葉を書いてもらって、それを壁に掲示していく展示も同時に行います。壁に写真やドローイングを飾って、そこに歌詞を組み合わせていくので、皆様に歌詞を書きに来て頂けたら、より面白くなるかと思います。

 

 企画は、3人を中心にして立ち上げましたが、POPWORKSメンバー含めて、例によって、関係者も増えてきたので面白くなると思います。「LIVE TOUR」のタイトルの発想から、最終日には、本当にライヴをやる予定となったので、それもお楽しみに(あとでちゃんと告知します)

 

 先日、インスピレーションを得に楢葉といわきに打ち合わせ旅行も行ってきました。こういった写真も会場に掲示しますので、どんなものになるか、是非、見に来てください!!

 

 

楢葉

 

いわき

 

 

JUGEMテーマ:展覧会

| POP WORKS | comments(0) | trackbacks(0) | posted by pop-life-works - -
| 1/336 | >>